学術集会

第19回山梨大学看護学会学術集会のお知らせ

平成30年11月3日(土)に第19回山梨大学看護学会学術集会が開催されます。

テーマ 「社会でかがやく看護の力

大会長 浅川 和美( 山梨大学大学院 基礎・臨床看護学講座 )

会場: 山梨大学医学部キャンパス 臨床講義棟大講堂

 

大会長挨拶

日本の看護系大学は年々増加して2017年には255校となり、看護職が活躍する場も広がっています。メインテーマの「社会」は病院・在宅・地域・施設・企業などの場をさし、「かがやく」は、いきいきと活動するという意味を持ちます。看護職の皆さんが、明日から、それぞれの場でいきいきとかがやいて活動できる力をもてる学術集会になることを願っています。

本学術集会では、事前に「心に残る看護体験」を募集します。皆様一人一人が心に残る看護体験を思い出し、その意味を考えることで改めて看護の力に気づくきっかけとなることを願っています。学会当日の午前中は学会員の皆さまの研究発表会です。午後からは、長年、日本の看護界をけん引してこられた川嶋みどり先生をお迎えして「看護の力」についてお話しいただきます。シンポジウムでは、起業したり、医療現場以外でも活動している看護職者の方をお招きして、それぞれの活動とその意義について語っていただき、社会の中で看護の力を発揮するための課題について討論します。

学術集会に参加した皆様お一人おひとりが、自分が持つ看護の力を再発見し、将来、多様な活動ができる可能性について気付き、考える機会にしたいと考えています。ぜひご参加ください。

第19回学術集会長 浅川 和美

 

プログラム

9:00 ~     開会式

9:20 ~   12:10 一般演題

12:10 ~ 13:10 昼食(12:20~13:00 総会)

13:10 ~ 14:30 特別講演「 看護の力 」

           川嶋 みどり 先生( 健和会臨床看護学研究所 )

14:40 ~ 15:50 シンポジウム  テーマ「 社会でかがやく看護の力 」

小田切佳仁   ( 医療法人 どちペインクリニック 玉穂ふれあい診療所 )

重光さつき   ( 公益社団法人 山梨県看護協会 富士北麓訪問看護ステーション )

樋口順子      ( 株式会社周栄 デイサービスセンター さくらんぼ )

 

学術集会参加方法

1)参加費は無料です。事前の申込は必要ありませんので、当日直接会場にお越し下さい。学会員以外の方は抄録集を販売いたします(一部200円)。

2)昼食用お弁当(一食1,000円)の予約を承ります。ご希望の方は、下記より「お弁当申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、学術集会事務局までメール添付にてお申し込み下さい。

お弁当申込締め切り:平成30年9月21日(金)必着

尚、お弁当の当日販売はございませんので、ご了承下さい。

 

演題:抄録応募方法

1.応募資格

筆頭発表者は、本学会の会員に限ります。非会員の方は、演題申込の手続きを行う前に入会手続きを完了させて下さい。

2.発表要領

各演題の発表時間・方法については、抄録受理後にご連絡いたします。

3.演題申込

演題の申し込みは、「演題申込書」に必要事項をご記入の上、学術集会事務局まで演題申込書をメール添付にて送信して下さい。「演題申込書」は、下記よりダウンロードして下さい。演題の受理につきましてはメールにてお知らせいたします。

演題申込締め切り:平成30年7月6日(金)必着

 

4.抄録原稿

抄録原稿は、「抄録作成要領」に従って作成し、学術集会事務局(E-mail:dai19@yamanashi.ac.jp)まで抄録原稿をメール添付にて送信して下さい「抄録作成要領」は、下記よりダウンロードして下さい。抄録の受理・採択につきましては後日メールにてお知らせいたします。

抄録原稿締め切り:平成30年8月3日(金)必着